視察

3月21日(木)に区民生活委員会(委員長として)では、平成22年4月より休園して改築工事を進めておりました向山庭園が4月1日から運営を再開、また、同じく1月21日から旧光が丘第5小学校跡地に事業を開始している「子ども発達支援センター(1,2階)」に続く「練馬区立文化交流ひろば(3階)」の4月1日からの事業開始に先立ち視察を行いました。

b0223266_091126.jpg


<こども発達支援センターの事業内容>

(1)相談事業(相談室、診察室)
      発達に心配のある児童の発達相談、医療相談を予約制で行う。
(2)通所訓練事業(指導室、療育室)
      発達相談や医療相談の結果、通所訓練が必要と判断された児童を対象。
(3)家庭支援・地域支援事業(保護者控室、会議室、多目的室)
      通所児童のご家族対象の講習会や、発達の障害についての理解を広めるための広報活動などを
      行う。
(4)障害児発達支援連携会議
      保健相談所、総合福祉事務所、保育所、幼稚園など障害児の発達支援に関わる関係機関の
      連携を行う。



<文化交流ひろばの事業の概要>

(1)青少年をはじめとする区民の文化芸術活動および交流の場の提供(音楽・演劇練習室)
      合唱や楽器の演奏、演劇の練習などを行う事が出来る場を提供。
(2)多文化共生および国際交流の推進に資する情報の収集および提供(交流室、実習室)
      外国人のための日本語講座や交流会の開催、ボランティア日本語教室への会場提供等を行う。
(3)多文化共生および国際交流の推進に資する情報の収集および提供(情報コーナー)
      外国人のための生活情報や日本語学習の資料等を収集し、自由に閲覧できるように提供、
      また、また多言語の問い合わせに対応するため、支援員を配置。

by kasahara-kouzou | 2013-03-21 22:10 | 日々の仕事について